2020/03/30

2020/04/20

ドローンで3Dマップと安全空域交通網を整備-トラジェクトリー・加賀市

AIサービス紹介

ライター:

トラジェクトリーと石川県加賀市は共同で、ロドーンを活用して3Dマップを作成し、直径3平方キロメートルでドローンが飛行できる安全な空域交通網を整備した。トラジェクトリーによると、ドローンによる精巧な3Dマップ作成とドローン航路整備は国内初。

3Dマップ作成とドローン航路整備は国内初とトラジェクトリー

 ドローンのAI管制システムなど開発するトラジェクトリー(東京都中央区)と石川県加賀市は共同で、ロドーンを活用して3次元地図(3Dマップ)を作成し、直径3平方キロメートル範囲でドローンが建物などの障害物を避けて飛行できる安全な空域交通網を整備した。今春、無人航空機の自律飛行に向けた実証実験を始める。トラジェクトリーによると、ドローンによる精巧な3Dマップ作成とドローン航路整備は国内で初めて

ドローンのAI管制システムなど手掛ける

 加賀市塩屋町地区(約3平方キロ)を地上約100メートルからドローンで撮影。撮影した画像をデジタル処理して一つ一つ位置座標や高さの情報を持つ「点群データ」に変換。空域交通網整備に必要な10センチ精度の3Dマップを完成させた。加賀市が2019年度12月補正予算に計上した事業費は130万円。

 

(totalcount 25 回, dailycount 1回 , overallcount 563,893 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA