R言語で変数を削除(初期化)する方法

[公開日]2017/11/06[更新日]2017/11/09 [カテゴリー]R言語入門 Written by  IMIN

Rでは特別に変数を宣言しなくても、代入によって自動的に変数が定義されます。非常に便利である一方、誤って変数を定義してしまいがちです。今回はそんな時に使える、変数の削除法をご紹介します。

 
 

rm()関数で変数を削除する

変数の削除はrm()関数を用います。削除したい変数をカッコ内に入れましょう。例えば次のように使います。

プログラム

a = "Hello"
rm(a)

これで一度生成したaという変数が削除されました。

プログラム

>a
エラー: オブジェクト 'a' がありません

また、次のように複数の引数を()内に入れることによって、同時にたくさんの変数を削除することも可能です。

プログラム

a = "Hello"
b = "World"
rm(a,b)

最後に、rm()関数の名前の由来ですが、英語のremoveという単語から来ています。これは、取り除くという意味の動詞です。

  • スポンサーリンク

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA