最頻値の求め方。二つあることもある?

[記事公開日]2016/08/15[最終更新日]2017/04/04 [カテゴリー]統計用語の解説 Written by  IMIN

題の結論から言うと、最頻値はときに2種類の値を取ります。最頻値とは、ある一群の数値データにおいて、最も頻繁に現れた数値のことを指します。

例)

最頻値のお話

部屋別の家賃がこのようになっているアパートの場合、家賃の最頻値は4.2万円になります。

ちなみに、中央値は、偶数であるので6番目の4.2万円と7番目の4.5万円の平均をとって4.35万円となります。

 

また、最頻値は観測値の中で、最も頻繁に観測された数値を指すので最も観測された数値が2種類以上ある場合その全てが最頻値となります。

例)

最頻値のお話2

この場合、4.4万円と4.8万円が4回ずつ登場し、最も頻繁に現れる数値が二つあるので最頻値はこの二つになります。

  • スポンサーリンク

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA