2020/05/15

LocationMindが4億円調達、人流特化AI開発ー三菱総研と資本提携

AI資金調達

ライター:

人流特化AI(人工知能)の開発を手掛けるLocationMind(東京都千代田区)は15日、第三者割当増資による総額4億円の資金調達と、三菱総合研究所(MRI、東京都千代田区)との資本提携契約の締結を発表した。外部から初めて調達(エンジェルラウンド)した4億円は、位置情報事業の開発・事業化や人件費に充てる。本提携の詳細は非開示。

LocationMindは、空間情報工学の第一線を研究してきた東京大学の柴崎亮介研究室の技術ベンチャー。事業内容は、①位置情報ビッグデータを用いた人流の推定や独自開発のAIアルゴリズムによる人流予測の提供、②測位衛星信号を活用した先端的事業の開発・支援ーーなど。

LocationMindは2019年2月設立。資本金・資本準備金は4.6億円(2020年5月時点)。主要取引先はNTTドコモや新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日本政策投資銀行(DBJ)グループの価値総合研究所JTBなど。

両社の資本提携に伴い、MRIの次世代インフラ事業本部インフラビジネスグループのリーダー、中條覚氏がLocationMindの顧問に就任。両社はスマートシティのデータ基盤構築に向けて協業を検討する。

(totalcount 32 回, dailycount 1回 , overallcount 559,076 回)

ライター:

AI資金調達

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA