2020/03/23

2020/04/20

AIが「将来性」で首位、「経済インパクト」は3位、技術分野でー日経「トレンドマップ」

AIサービス紹介

ライター:

「日経クロストレンド」発表の「トレンドマップ 2020冬」で、人工知能(AI)が、技術分野の「将来性」で首位、同分野の「経済インパクト」で3位に入った。

 マーケティング専門メディア「日経クロストレンド」が発表した「トレンドマップ 2020冬」で、人工知能(AI)が、技術分野における「将来性」で首位、「経済インパクト」で3位に入った。

 技術部門での「将来性」の2位は自動運転。3位はIoTと5G(第5世代移動通信システム)が同スコアだった。一方、技術部門の「経済インパクト」の首位はスマートフォンで、2位はクラウド。

AIは「重要キーワード」の認識強い

 「日経クロストレンド」は、AIが技術部門の「将来性」で首位となったことについて、重要キーワードとしての認識が強く、経済インパクトも高く評価されている、と解説した。

 「トレンドマップ2020冬」は、日経クロストレンドが、「技術」「マーケティング」「消費」の3分野をめぐり、中長期的に注目すべきトレンド(潮流)を見極めるため、外部アドバイザリーボード約50人や編集部記者などにアンケート調査し、その結果を踏まえてまとめた。

(totalcount 36 回, dailycount 7回 , overallcount 558,939 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA